読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BIT.CALEIDOSCOPE

ただ「これ良かったよ!!」と言いたいだけのブログ。

母の気配と母への追憶 宇多田ヒカル「Fantôme」感想

アルバム感想(一般)

Fantôme

 
個人的お気に入り度 4.9 / 5
 
宇多田ヒカルの6枚目となるオリジナルアルバム「Fantôme」を聞いた。
彼女の新作をCD一枚として手に取るのは「HEART STATION」以来8年ぶりで、ハードルは半端ないほど高かったが、何というか、普通に良かった。
普通に、私の好きな宇多田ヒカルのままだった。
全11曲、計49分45秒。
50分のなかに、これまでの楽曲と似ている部分、似ていない部分、そして全く新しい音が散在していて、そのどれもを好きになれる。
これまで宇多田ヒカルのファンだったんだから、これからも彼女のファンであり続けるんだろうと、聞き終えた時、ごく当たり前のように思うアルバムだった。
 
今作の特徴は何だろう、と考えた時に真っ先に出たのがアレンジの緩急が大人びているという事だ。
スーパーミラクルヒット曲ばかりが収録されている「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」時のアレンジも素晴らしかったが、今作はそれよりもう一歩上の次元に到達していると思う。
Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1

Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1

 

「俺の彼女」や「真夏の通り雨」など、間奏からラストサビにかけて、しとやかに、それでいて炙られていくような盛り上がりを見せる曲が多かった。
イントロは極力シンプルに、アウトロの引き際だって潔く、なので曲中の起承転結が見て取れて、通して聞く時も飽きが来ない。
……「桜流し」に関しては、起承転結というより序破急か。

 
ちなみに、歌詞カードの紙質とフォントも「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」のと似ていた気がする。
私がファンとなったきっかけは、シングルコレクションからだったので、あの当時を思い出して少し泣いてしまったり。
毎晩、部屋の電気を消してから布団脇に置かれたデカくて黒い、時代遅れのCDプレイヤーのスイッチを入れていたっけ。
 

宇多田ヒカルと鬼束ちひろと分島花音の新譜とか、今年の秋はどうした最高だぜ!!

雑記

3日後に宇多田ヒカルの新アルバムが聞けるのかと思うと、待ち遠しい反面少し怖い。

Fantôme

Fantôme

 

 だってサントリー天然水CMで使われている「道」だけで泣いた。

特に「どんなことをして 誰といても」の「誰といても」がすごく私が好きな宇多田ヒカルらしい。
8年前に飽きるほど聞いた「HEART STATION」からまた、彼女が動き出すんだと思うとやっぱりどうにもたまらない。
私の好きな宇多田ヒカルのまんま、それ以上のものを見せてくれるに違いないって。
そう確信できるほどの曲だったので、楽しみだけどちょっぴり怖い。
つまり新譜を待ち望む気持ちとしてこれ以上にないぐらい期待が高まっている状態だ。
でもきっとその期待を軽々と超えてくるんだろうなあ……ラストトラックに「桜流し」がクレジットされている現時点でさえそう思うもの。

鬼束ちひろも11月2日にニューシングル「good bye my love」発売が発表された。

13年ぶりに羽毛田丈史とのコラボだそうで。
彼が担当したのは3rdアルバムの「Sugar High」までか。神盤だよなあ、これも。

Sugar High (初回限定盤)

Sugar High (初回限定盤)

 

 鬼束ちひろのアルバムでは、4th「Lasvegas」と双璧をなすほどに好き。
とにかく「castle・imitation」のアルバムバージョンと初回限定盤では原曲が収録されていたことが大きい。

Castle・imitation

Castle・imitation

貴方が似合うと言ったこの抗いの ドレスを裂く程の答えと正義のナーヴァス」が狂おしいほど愛しかった。
今作では花岡なつみに提供した「夏の罪」もセルフカバーされるそうなので、そっちもめちゃくちゃ楽しみ。


 11月30日には「Love your enemies」が収録された分島花音の新アルバムも出るし、今年の秋はどうした、最高だな!?と思っている。

luminescence Q.E.D.<通常盤>

luminescence Q.E.D.<通常盤>

 

オーケストラが豪華で、いつ聞いても迫力あるんだ、これがまた。

Love your enemies

Love your enemies

わかっているの本当は なぜこの身が痛むのか

頑張って今年の秋も生き抜きます。

 

2016年夏アニメ 個人的OP&EDベスト3発表〜〜!

ランキング記事 アニソン
2016年夏アニメもほぼ終盤に差し掛かるここらへんで、今期アニソンの個人的総まとめでも。
聞いたのはOPが9曲、EDが4曲と計13曲。
 
ーOPー
藍井エイル」(アルスラーン戦記 風塵乱舞)
・MYTH&ROID「Paradisus-Paradoxum」(Re:ゼロから始める異世界生活)
・binaria「カミイロアワセ」(ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園- 絶望編)
・Lenny code fiction「Key -bring it on, my Destiny-」(D.Gray-man HALLOW)
ジャニーズWEST人生は素晴らしい」(逆転裁判)
・高橋優「光の破片」(orange)
水谷瑠奈Philosophyz ~TV animation ver.~」(Rewrite)
 
ーEDー
kalafinablaze」(アルスラーン戦記 風塵乱舞)
・レンレン(CV,蒼井翔太)「キミに捧げる鎮魂歌」(初恋モンスター)
多田葵Word of Dawn」(Rewrite)
 
春クールと比べると5曲減という結果。
中盤までかなりの不作感があったが、まあ終わってみればいつも通りという印象。
特にRewriteの2クール目EDがラストに駆け込んできてくれて本当に良かった。
いや、もうそれ2016年秋アニソンじゃ……というツッコミはなしでお願いします。
10月以降に発売されたのが秋アニソンだから!!9月はまだ夏!!
「今期だとこれも良かったよ」とおすすめがある方はコメント欄にでもどうぞ。
ではでは、毎度恒例2016年夏アニメ、個人的OP&EDベスト3発表〜〜!
 

編曲:MANYOによるアレンジはもはや一種の物語 アニメ「Rewrite」ED2 多田葵「Word of Dawn」感想

アニソン

Word of Dawn

 
個人的お気に入り度 5 / 5
 
アニメ「Rewrite」ED2である、多田葵Word of Dawn」を聞いた。
iTunesでの発売は現時点でなさそうだったので、インスト付きのシングルを購入。
これがま〜〜大ヒット!!
ボーカル有り無し含めて、どちらの曲もすごく、すごく良かった。
美少女ゲーEDによくあるストリングス主体の綺麗めな曲だが、こういった「よくある感じ」の個人的最高峰に滑り込んでくる一曲だった。
少なくとも、今後こういう編曲を聞いた時に、どれぐらい気に入るのかの基準にはなる。
今までは 千葉"naotyu-"直樹 「Ring of Fortune」(なんか今曲とタイトル似てる)だったが、今回でアップデート。
Ring of Fortune

Ring of Fortune

  • 佐々木恵梨
  • アニメ
  • ¥250

大ッ好きなアレンジがしてあるお気に入り曲がもう1曲増えたこと、それ自体がすごく嬉しい。
これだから毎クール、本編までとは中々いかないが、OP&EDだけでも追っていて良かった。
「この曲は超えられないだろう」というものでも、自分にとっての新曲に触れていれば、いつかまた新しい基準値を超えた作品に出会える。
そうしたサイクルを実感する度に、いくらライトと言えどオタクで良かったと思う。

 
 
Word of Dawn
多田葵の透明感ある歌声も、「あなた」を求める少女の行動も好きだが、今曲でとにかく好きなのがMANYOによるアレンジ。
霜月はるか「月の虚」や「瑠璃の鳥」で名前を知って以来、好きな編曲家の一人だったが、今曲のアレンジは最高に私好み。
瑠璃の鳥

瑠璃の鳥

彼or彼女の仕事のどこが好きかって、構成要素である音の全てに意図が感じ取れるところだ。
時折鳴る電子音は場面転換、ベースのエレキは日常で、ドラムは浮遊感、バイオリンは開放と上昇、アコギとピアノは彩り。
それぞれの音が、それぞれの場面できちっと仕事を果たしており、それでも通して聞くとちゃんと一つにまとまっている。
ここにボーカルが加わるも良し、加わらなくてもよし。
個々の要素を聞き取るためにインストだけで十数回聞いたが、全然飽きない。
聞く度に「あ〜〜〜〜、ここでこんな音鳴ってるんだ」と一々新たな発見があるので、シングル買って良かった!!
特に圧巻なのが、サビのファーストとセカンドに別れたバイオリン。
トリルも取り入れた派手なファーストと、ファーストを支え深みを出したセカンドが、ラストのワンフレーズで重なり合う瞬間。
あそこだけで、少し泣いたわ。
ボーカル有りの通常曲も、エフェクトがかったコーラスがバックに鳴るおかげで、また違ったものとして聞こえる。
例えるなら、薄く透けるようなベール。
楽器隊とボーカルを分けて、宇宙めいた世界観を写すスクリーンのような役割を果たしているように聞こえた。
だからコーラスメインの間奏は、そういう背景を色濃く感じさせる。
MANYOによるアレンジは一つの舞台装置みたいで、だからこそ各要素について聴き込んで考えるのが楽しい。
ここまでいくと、もはや一種の物語のようにすら思える。

メロディーも文句なしの王道!!
間奏からラストサビまで、同じメロディーで進行するところとか超定番なんだけど、超テンションあがる。
フレーズで言えば「懐かしさも消えた夢」「言葉を知らないままならば この瞳を閉じることも簡単だったのに」「生命のゆりかごから あなたを見つける」あたりがお気に入り。
特に2番めのフレーズは、タイトル:Word of Dawn(夜明けの言葉)に通ずるような意味合いが感じられて好きだ。
 
 
以上。
カップリング曲である「おきらく☆きゅうさい」については特なし。
やっぱり表題曲と比べてしまうとね。
 
 

色々買ったし聞いたし読んでるということで自分用メモ

音楽
抱えてるコンテンツがキャパシティ超えてきたので、自分用メモ。
一冊の本、一つのアルバムをすぐに通して楽しめる集中力が欲しい。
なんか途中で休憩を挟んじゃうんだよなあ……。
 
・最近聞き返して感動した曲
インソムニア

インソムニア

ベッドと机しか置けない部屋の中で 他人の気配に吠え続けている

everyhome

everyhome

everyhome それは小さな風のように

落涙

落涙

言葉少なに お別れしましょう

 

・聞いてるCD
LOVE & CARNIVAL(通常盤)

LOVE & CARNIVAL(通常盤)

 

タイアップ曲が素晴らしいのはもちろん、今回は新曲も彩り豊か。

Dance with Devils ユニットシングル2 立華リンド vs ジェキ

Dance with Devils ユニットシングル2 立華リンド vs ジェキ

 

ドラマパート、聞けば楽しいと分かっているのに聞く気がしないまま放置。長い。 

Word of Dawn

Word of Dawn

 

編曲:MANYOの安心感たるやすごいわ。これ書いたら2016年夏クールのまとめを書く。

 

・買ったゲーム(どちらもPSアーカイブス)
マリーのアトリエ プラス~ザールブルグの錬金術士~ PlayStation the Best

マリーのアトリエ プラス~ザールブルグの錬金術士~ PlayStation the Best

 

シャリーのアトリエと迷ったが、原点に触れるのも良かろうということで。

リトルプリンセス+1 マール王国の人形姫2

リトルプリンセス+1 マール王国の人形姫2

 

前作で素晴らしかったドット絵クオリティーが、今作ではまだまだ向上していてビビる。
コルネットと旅したぬいぐるみが、クルルの部屋にあった時点でもはや泣きそう。

・読んでる本

最後の晩餐の作り方 (新潮クレスト・ブックス)

最後の晩餐の作り方 (新潮クレスト・ブックス)

 

食べるのではなく、献立をたてて調理する料理小説が好きなのでヒット。
読み進めるのが惜しい。

くじ (異色作家短篇集)

くじ (異色作家短篇集)

 

すらすら読めるのに、どこかトラウマをエグッてくるところがいいなあ。

月の部屋で会いましょう (創元海外SF叢書)

月の部屋で会いましょう (創元海外SF叢書)

 

岸本佐知子編訳「居心地の悪い部屋」での短篇が良かったので、前2冊が終わったら。

 

早い話、ときめくと死ぬ(リアルガチで) PSP「Grass Heart Princess」感想

ゲーム

Glass Heart Princess (グラスハートプリンセス)(通常版)

 
個人的お気に入り度 4.8 / 5
 
オトメイトより発売されたPSPGrass Heart Princess」をプレイした。
フルコンプまでの時間は一人あたり2時間×4で約9時間弱。
ときめきすぎたら死ぬ、と言う【硝子の心臓症候群】を患った主人公:姫野京子が、あえて攻略対象とのデートでときめき心臓を鍛えるというぶっとんだ馬鹿ゲー。
こういう「馬鹿じゃねーーーーーのwww」っていう乙女ゲーム私は大ッ好きだ。
ときめくたびに鳴る鼓動がやけにリアルかつ、視界の四隅が赤く染まるので、ガチで生死を賭けている感じがする。
攻略対象が何か行動をするたびに、「あ〜〜〜〜待って、待って。耐えられないかも。死ぬかもしれないから、待って!!セーブしてないの!!」と焦る乙女ゲーなんて初めて。
いやー、めちゃくちゃ面白かったし楽しかった!!
 
終盤に差し迫ったところで怒涛のように追加される「え!?何それ、聞いてないんだけど!!」のトンデモ属性や、「どこのB級ハリウッド映画だよ!!」と突っ込みたくなるぐらい飛躍しまくったストーリー展開。
ただエンディングを迎えた時には「……良かった、すごい良かったよ!!」と熱弁したくなる魅力が、このグラスハートプリンセスにはあると思う。
話の構成が、文字通りジェットコースターみたいだった。
デートパートまではじわじわとした甘い恋愛、勾配を登り終わって各エンディングに入ってからが右へ左へ上へ下への急展開、それでも終わってみればちゃんと入り口だった穏やかな日常に着いている。
途中でレールから脱線することもなく、ただただ楽しかったという興奮だけを残して。
そう思えるのは、オマケのフルコンプCGに依るところが大きいかもしれない。
攻略対象からのメモ付き「卒業写真」
あの一枚を目にした瞬間に、こういう王道ポイントを外さないところが好きだと、今作をプレイ出来て良かったなと心から思った。
 
ディレクターは中村和騎、BGM担当はMANYO。
ホワイトベースの背景に、ショッキングピンクアイコンを配置したメインのデザインセンスは好きだし、MANYOも霜月はるか関連で耳にする名前だ。
全然関係ないが、数日前に「月の虚」を聞き返していたばかりだったので、タイミングがいい。
月の虚

月の虚

OP&EDもiTunesで購入済。
個人的にはEDの方が好きかな。ゲームでの入りが「終わったー!!」という感じがしてすごく良かった。
明るく、楽しく、達成感を感じさせてくれるイントロだ。

恋色ミラクル

恋色ミラクル

  • Glass Heart Prince
  • アニメ
  • ¥250

 

攻略した順番は、烏丸幸人→星野彼方→朝比奈天馬→道明寺凱→柾木真之介。
皆好き、大好きだ。
イラストレーター:きなみ由希によるCGも美麗で、暇さえあればギャラリーをついつい眺めてしまうほど。
その中でも一人選べと言われたら、星野彼方で!!
詳しくは追記で語るが、彼のルートが一番「心臓」をモチーフとしていたからだ。
硝子の心臓が砕けた、その先を見せてくれたという意味で、最萌えです。
 
vitaに慣れた身として今更PSPはどうだろ……と心配だったが、スクショも出来たし特に大きな不満点はなし。
ただやっぱり本体の分厚さがチープというか、玩具っぽい。
2000年代初期のガラケーを思いだすような触り心地だった。進化ってすごいわ。
 
ではでは、以下攻略した順にメイン攻略者4人のキャラクター別感想……の予定だったが諸事情で星野彼方一人だけ。
ネタバレなので未プレイの方はご注意を。
 

プラメモOP感すごいな アニメ「Rewrite」OP 水谷瑠奈「Philosophyz ~TV animation ver.~」一言感想

アニソン

Philosophyz/ささやかなはじまり

 
個人的お気に入り度 3 / 5 
 
アニメ「Rewrite」OPである、水谷瑠奈Philosophyz ~TV animation ver.~」をiTunesにて単曲購入した。
Philosophyz ~TV animation ver.~

Philosophyz ~TV animation ver.~

書き換える この詩を

惹かれたきっかけは、サビがプラスティックメモリーズOPである佐々木恵梨「Ring of Fortune」によく似ていたから。
Ring of Fortune

Ring of Fortune

  • 佐々木恵梨
  • アニメ
  • ¥250

メロディーだけでなく、声質まで似た系統の女性ボーカルだ。
といっても、「Philosophyz ~TV animation ver.~」は2011年に発売された原作ゲームの主題歌アレンジなので、こちらの方が先なのだけど。

Philosophyz

Philosophyz

 パッと聞いた際、耳に残るメロディーだったのでフルバージョンを聞いてみた。
が、再生し終わった時に感じたのは「……アレンジかなりうるさくない?」の一言。
エレキとドラムとボーカルが同時に張り合いすぎて、起伏がないので盛り上がるところも上手く盛り上がれない。
2番Bメロから被さるコーラスや、エレキメインのアウトロは文句無しに格好いいのになあ……。
編曲:MintJamfripSideのサポートギターでもあるということで。道理で。 

フレーズとしては「生きていく意味を ここで探すなら 誰も悪を望みはしない」が真理のようで好き。